BBSNote8.0にPaintBBS NEOを組み込む

HTML5版 PaintBBS NEO 起動画面
以下はBBSNote8.0b19でHTML5版のPaintBBS NEOを使うための設定方法です。

何かのお役に立てればと思いながら書いていますが、この記事を参考にした事によりトラブルが起きても何もしてあげる事ができません。
私はなんら責任を負いません。無保証です。

BBSNoteb8.0はPerlのバージョンが5.12以上の場合動作しません。

いまのところ、さくらのレンタルサーバではPerlのバージョンを5.8.9、5.10.1に切り替える事ができるため動作します。しかし、いつ使えなくなってもおかしくありません。
以下はそれでも、NEO化したいという方向けの情報です。

BBSNoteは配布が終了していて、再配布も禁止されているため新規に入手する事ができません。
作業する前にバックアップを取り、さらに、動作確認のためのテスト用の掲示板を別途設置します。

テスト用の掲示板を設置して問題がないことを確認してから実際に使う掲示板に転送すれば、すでに動作しているお絵かき掲示板をトラブルに巻き込む事なく作業をすすめる事ができます。

NEOを使えるようにする。

GitHub - funige/neo: PaintBBS NEO

から必要なファイルをダウンロードしてヘッダに2行追加します。
neo/README.md at master ・ funige/neo ・ GitHub

1. 基本的には<head>に2行追加するだけです

<head>
<link rel="stylesheet" href="neo.css" type="text/css" />
<script src="neo.js" charset="UTF-8"></script>
...
</head>

neo.jsとneo.cssの2つのファイルを/dist からダウンロードしてください。
最新版のPaintBBS-x.x.x.(css|js)とneo.(css|js)は同じものです。
問題はどこに追加するかですが、Javaのしぃペインターも使いたいのであれば、PaintBBSの設定のところに追加するのが適当だと思います。

paint.cgiの

#=== ★ ShiPaintBBS の設定 ===================================================

以下の箇所に2行追加します。
#-------< ヘッダ内テキスト >--------------------------------------------------
'TxtHead' => <<_TXT_
<link rel="stylesheet" href="PaintBBS-1.2.3.css" type="text/css" />
<script src="PaintBBS-1.2.3.js" charset="UTF-8"></script>
_TXT_
_TXT_を消すと500エラーになるため注意が必要です。

PaintBBS-1.2.3.css
PaintBBS-1.2.3.js

上記の2つのファイルがbbsnote.cgiと同じディレクトリに転送されていることを想定しています。

転送したファイルの名称が

neo.css
neo.js

の場合は、ファイル名をそれに合わせます。

PaintBBS-1.2.3.js

という記述は特定のバージョンのNEOを動作させるためのものです。
<link rel="stylesheet" href="neo.css" type="text/css" />
<script src="neo.js" charset="UTF-8"></script>
としておいて、
バージョンアップしたら

neo.css
neo.js

を上書きする形でも運用できます。

まとめると、paint.cgiのShiPaintBBS の設定のヘッダ内テキストに2行追加して、指定したファイル名と同じファイルをbbsnote.cgiと同じディレクトリに転送するだけです。

PaintBBSを選択した時にはHTML5のPaintBBS NEOが起動し、しぃペインター選択を選択した時にはJavaのしぃペインターが起動します。

Java版のPaintBBSと共存させる事もできますが、書き直す箇所が多くなるため割愛します。

ここから先は、ちょっと難しい設定になります。

PaintBBS NEOで投稿できるのはPNG形式だけです。
BBSNote8.0はPNG形式の画像から続きを描く事ができません。

つまり、NEOで投稿した画像からは続きを描く事ができません。

それでは不便なのでPNG形式の画像から続きを描けるようにします。

paint.cgi
3751行付近の
$fmt_png = 1 if($Data{ ImageSrc } =~ /\.png$/);
$ok_image = 1 if($Data{ ImageSrc } =~ /\.png$/);
に書き換えます。
これだけでは続きから描くためのリンクが出てこないので、skin.cgiの続き表示関係の該当箇所を
$Data{ImageSrc} =~ /\.(jpg|gif|png)$/i) &&
とします。

JPEGでもGIFでもPNGでも続きから描くリンクが出るようになります。

PaintBBS NEOが使えてPNGから続きを描く事ができるBBSNoteのお絵かき掲示板。

気軽にお絵かき PaintBBS/しぃペインター
posted by さとぴあ at 2018/01/05 16:46 | Web制作

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。