Painter2020 ブラシ消しゴム切り替え遅延 Paintstormというアプリもある

いろいろと問題があってもPainterの開発が終わってしまったら困るのでアップグレードしようと思っていました。
しかし…。問題が多すぎました。

Painter2020

ブラシから消しゴムへの切り替えが遅延するので、線を描いて消しゴムで消す作業をショートカットキーで行う時に消しゴムになっていてほしいのに鉛筆のまま…。

UIの更新も最初はいいな…と思ったのですが…。

Painter2020

用紙を選択するとこの画面が消えてしまうので、用紙を選択して拡大率を変更する時は開き直す事になります。
結局従来どおり用紙パネルを開いたまま作業…。

Painter2020

システムは推奨仕様を満足しています。
満たしていますの誤訳だと思いますが製品の出荷前にチェックする事はできなかったのでしょうか?

ブラシ→消しゴムの切り替え遅延はGPUがオンボードだからから?と思いましたがこのベンチマークテストの結果を見る限りGPUの問題ではなさそうです。

CPUは第8世代のCore i5です。

たしかにやたら安かったAcerのパソコンですがまだ買ったばかり…。

Acer デスクトップパソコン Aspire Core i5-8400/8GB

いまとなっては、思っていたほど速くないような気もするのですが…。
6年前のCeleronからの買い替えです…。それにくらべると爆速PCになった筈なんですけどね。

Painter2020があまり良くないとなると、次のバージョンで改善されるかどうかもわからないのでクリスタとMediBang Paintになれるしかないのかな…と思いましたが…。

Paintstorm Studio

Paintstorm Studio | Professional software for digital painting



Paintstorm Studio。

Painterのブラシの完全な再現はできないものの、似たような塗り方をする事ができました。

混色系のブラシがきちんと動作しているのでラフに塗って混色してならすPainterと近い感覚で作業する事ができます。

おまけに19ドルで日本円にして2千円ちょっとです。

それにしては知名度が低い…。
UIの日本語対応が比較的最近だった事もあるのかもしれません。

カスタムパレットもありますし、ブラシの設定項目もPainterの設定項目を知っている方なら設定項目が多すぎて…とならないと思います。
必要な設定項目だけカスタムパレットに保存しておく事もできます。

キーボード・ショートカットの設定は項目のダブルクリックとスライダーの上で右クリックなど。

英語のマニュアルに反応しない時はダブルクリックの間隔を短くしてみてくださいとありました。
すばやくダブルクリックしたところ設定する事ができました。
posted by さとぴあ at 2019/08/05 15:56 | Painter

Painter2019 x Core i5-8400

2012年に購入したノートパソコンのCeleron B820でPainter2019を使っていましたからCeleronでも使えると思いますが、CPUに負荷のかかるブラシを使ってさらにサイズを大きくするとCore i5-8400でもCPU使用率100%になります。

テストに使用したのは、AcerのデスクトップパソコンAspire Core i5-8400 XC-885-N58F

Painter2019 x Core i5-8400

Painterのリアル水彩のフラクタルウォッシュ (境界)のサイズを300pxにしてストロークした時のリソースモニターの様子。

CPU 0からCPU 5、合計6個のCPUの使用率が全体的にあがりCPU使用率100%になりました。
Painterのパフォーマンス設定のマルチコアの使用は3。

これは、Corei5のPCにインストールしたときにPainterが設定した値です。
Celeronならここが1になります。
デジタルアート & ペイント ソフトウェア - Corel Painter 2019

マルチコア プロセッサや、AVX2 拡張を使用し、コード最適化を行う CPUへのサポートが強化されたおかげで、これまでで最高速の Painter が生み出されました。

クリスタ x Core i5-8400

クリスタのにじみ水彩を300pxにしてストロークした時のリソースモニターの様子。

描画は遅延しますがCPU使用率は50%以下です。
CPU 0とCPU 5の使用率は100%ですが、その他のCPUを活用している様子はありません。

MediBang Paint x Core i5-8400

MediBang PaintはCPU 5に負荷が集中、その他のCPUを活用している様子はありません。

「Painter 2019」|ソースネクスト
posted by さとぴあ at 2019/04/29 17:03 | Painter

Painter2019のインストーラーのバックアップ

Painter2019の体験版をダウンロードすると
CorelPainter2019.exe
というファイルが手元に残ります。
しかし、このファイルを実行するとプログラム本体のダウンロードがはじまる仕組みなので
CorelPainter2019.exe
をバックアップしてもあまり意味がありません。
CorelPainter2019.exe
を実行するとどうなるか…。画像はPainter2018のものですが2019でも同じです。

Painter2019のインストーラーPainter2019のインストーラー

すでにPainter2018の最新版がインストールされている状態で、2018の体験版をインストールしたので、何も変更されずにインストールウィザードが終了しました。

Painter2019のインストーラーPainter2019のインストーラー

C:\Users\ユーザーアカウント\AppData\Local\Temp\Painter\

にPainterのインストールに使うzipファイル
CorelPainter2018.zip
が残りました。このファイルがあれば、Painterをインストールできます。

Painter2019のインストーラー

Painter2019の修正パッチがを適用しましたが、修正パッチが手元に残りませんでした。
そこで、2019の体験版をダウンロードしてセットアップし、テンポラリーに残った
CorelPainter2019.zip
をバックアップしました。
おそらくこの体験版は、パッチをあてる必要がない修正されたバージョンだと思います。
CorelPainter2019.zip
のファイルサイズを比較して、ファイルサイズが違えばパッチ適用ずみのバージョンという判断です。

デジタルアート&ペイントソフト「Painter 2019」|ソースネクスト

Painter2019 Amazon
posted by さとぴあ at 2018/12/27 23:11 | Painter

ペイントソフトで描いたらくがき20枚

Painter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang PaintPainter CLIP STUDIO PAINT MediBang Paint
カテゴリーをオリジナル…にと思いましたが、写真を参考にして描いたものが入っているのにオリジナルにしてしまうのは…という事で便宜的にPainterに。

主に使っているソフトがPainterなのは確かなのですが…MediBang PaintやCLIP STUDIO PAINTも使っていて3つのソフトを全部使って描く事もあります。

twitterや、pixivで観てくれている方はいても、ブログに絵を観に来る方はほとんどいないのが現状…ですけどね。
たしか、自分のイラストを掲載するブログだったという事で…。
posted by さとぴあ at 2018/05/06 14:34 | Painter

Painter2018 RIFファイルのサムネイル

ものすごく時間をかけて作業をした結果何とかなりましたが、何をどうやってどうすれば解決するのかわかっていません。
そういう意味では、この記事はあまり役にたたないかもしれません。

しかし、これはやらないほうがいいみたいだ…という事が何点かありましたので、備忘録として記事にまとめる事にしました。

Painter2018 RIFファイルのサムネイル

WindowsのエクスプローラーでPainterのRIFファイルのサムネイルを表示しているところ。

数日前、Painter9を起動したところWindowsにPainter9を適用していますという表示。
気がついたら…。

Painter2018 RIFファイルのサムネイル

Painter9のアイコンがサムネイルに…。
クリックするとPainter9が起動しました。

関連付けを変更されてしまったようです。
関連付けを変更するだけなら、エクスプローラー→ファイルを選択して、プロパティ→変更→ファイルを開くプログラムの選択で変更できますが、この方法で変更するとサムネイルが表示されなくなってしまいます。

Painter9と関連付けられているという事は…。
Painter9をアンインストールして、Painter2018もアンインストールして、2018を再インストールすれば解決するのでは?と思いました。

Painter2018 RIFファイルのサムネイル

Painter2018を再インストール。

Painter2018 RIFファイルのサムネイル

しかし、筆アイコンだけになりサムネイルが表示されません。

元の状態のほうがまだましなので、システムの復元でPainter9をアンインストールする前の状態に戻しました。

2018のアンインストールと再インストールをしなくても、コントロールパネル、プログラムから修復セットアップをすればいいのでは?と修復セットアップ。

Painter2018 RIFファイルのサムネイル

このインストーラー動作していないんじゃないか?と思いましたが…。

Painter2018 RIFファイルのサムネイル

修復するか削除するかを選択するメニューが出るまで30分ぐらいかかるみたいですね…。

2018を修復セットアップ、2018の筆アイコンとサムネイルが表示されるようになりました。

Painter9を起動した事が元で起きたトラブルなので、Painter9をアンイストールしました。
するとサムネイルが表示されなくなり…。
またシステムの復元…。

システムの復元でPainter9をアンイストールする前の状態まで戻すとサムネイルが表示されましたが、クリックしてもどのプログラムも起動しない…。

レジストリエディタを起動して、レジストリをエクスポートしてバックアップしてから、「.RIF」「PainterFile」のキーを削除。

2018を修復セットアップしてみましたが、サムネイルが表示されません。

バックアップしておいたレジストリをインポートして、2018を修復セットアップ。

この過程で何がどうなったのか、わかりませんが…。
サムネイルが表示され、2018と関連付けられた状態になりました。

Painter9は…。
アンインストールすると同じトラブルの繰り返しになる可能性…。

しかし、Painter9を起動した事によって発生したトラブルなので、スタートメニューのプログラムからPainter9のショートカットを削除して誤って起動しないようにしておきました。
Painter 2017 .rif thumbnail not showing in file explorer. - PainterFactory.com

I only see the icon for painter 2017 when looking at my files in Windows 10 file explorer. I went through the steps Skip explained for this problem with version 2016 but that did not help. The only thing that shows is the brush over the green simulated brushtroke.
Painter 2016: Thumbnails and file assocaitions with .rif files are not correct when installing Painter 2016 on a system with Painter2015

This is caused but a conflict collision in the Windows Registry for the RIF file type.
英語圏のソフトウェアなので、サポート、ユーザーコミュニティも英語…という事みたいですね。

日本語によるサポートを受ける事はできますが…あまりあてにしていないというか、メールで問い合わせても話がかみ合わない事が多いというか…。

RIF thumbnail のように、英文で検索したほうが解決の手がかりが見つかるのかも…。
posted by さとぴあ at 2018/04/04 16:57 | Painter

アナログシミュレーション

Painterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラストPainterで描いたアナログ風のイラスト
Painterで描いたアナログ風のイラストです。
1998年当時は、まさかCGだとは思わなかったといったコメントを頂く事ができていました。
Painterはアナログシミュレーションを得意とするペイントソフトですが、こんな風にブラシ毛羽立ちまでそのままだして塗る人はあまりいなかった。
油彩画でも、ブラシストロークのあとを意図的に残すものもあれば、まるで写真のように描く場合もあり、その場合ブラシの刷毛状のいかにも筆で塗りましたという感じには仕上がらない。

したがって、ブラシで塗った事がわかるように塗ればアナログ的という事にはならないのですけどね。
途中でデッサンが気になって福笑いのような事をして目や鼻の位置を移動して描き直したりもしています。これはデジタルだからできる事ですね。

ちなみに、こうした絵を描いていた当時と同じように今でも描けるかというと…。描けるかもしれませんが、根気が必要ですね。
90年代後半は自作絵を発表するなら自分のホームページでというスタイルでしたから、いろいろな絵かきの方々のホームページを行き来していたものでした。

pixivができたばかりの時は、ここに絵を投稿すれはホームページに来てくれる人も増えるのでは?と思いましたが、pixivで見れば済むし、閲覧も評価もしやすいので、そっちをみていればという感じになりましたね。

便利になった反面、従来通りには行かなくなってしまったという事で難しいところです。
しかも、何年もかけて描いてきたイラストがブログの1記事にまとまってしまうという…。

手打ちによるHTMLでイラストを掲載する場合、サムネイルを作成して、画像を上げてサムネイルからリンクしてといった面倒な作業が必要だったのでそれだけで大変でした。
CMSの導入とまでいかないまでもブログを使うとこんなにもあっさりと…。
タグ:Painter
posted by さとぴあ at 2016/11/27 03:06 | Painter